夢の治療薬と言われるバイアグラについて理解を深め、より効果的に服用し勃起不全で悩む毎日とはおさらばしましょう!

夢の治療薬バイアグラ 服用方法と検証

バイアグラとは

バイアグラといえばEDに悩む人々のために開発された、世界で初めてのED治療薬です。
アメリカで発売されてすぐに爆発的な人気を博し瞬く間に世界中で利用されるようになりました。

その後、日本に上陸し認可され処方されています。



最近ではバイアグラ通販サイトも多く存在し、一般の人にも利用されるようになってきました。
バイアグラの効果を簡潔に説明すると、男性器の血流を増加させそれによって勃起を促す作用があり勃起不全の治療へと繋がります。

お薬を服用することによって常時勃起の作用が起こるというわけではなく、一定の刺激によりペニスが起つ作用の手助けをしてくれます。

そのメカニズムについて下記で詳しく記載してあるので是非、読んでみてください。
薬の効果持続時間は個人差もありますが、平均して約5時間程度となっていますが、服用してから約1~2時間後に効果が最も高くなるため、性行為の時間を考えて服用する必要があります。

服用方法や副作用などをしっかり理解して服用することでバイアグラが持つ本来の効果をより発揮できますので、正しい知識を持つ事がとても大切です。 

バイアグラの服用方法

1998年にアメリカの製薬会社ファイザーから開発されたバイアグラは主成分シルディナフィルが作用し、勃起生涯を改善する治療薬として世界各地でとても人気を集めました。

医療治療薬に該当するもので、国内においては市販されておらず、入手するには医師の処方箋が必要になります。
開発された当初は誰でも購入できる存在ではありましたが、狭心症を患っていてニトログリセリンなどの硝酸塩系のお薬を服用している人間(高齢者が主)がバイアグラを服用し生殖行為を行い、その直後に心停止を起こし死亡するという事が数件発生し、その結果国内では医療用医薬品(処方箋医薬品)に認定され医師からの処方でのみ入手することが可能となりました。

ただし海外医薬品などの個人輸入の場合は処方箋は不要ではありますが、すべて自己責任で行うことになります。
こういったことが過去にあるため、用量や方法は必ず守って服用をしないといけませんが、逆に用量などをしっかり守って服用する分には「夢の勃起障害の治療薬」としての効果をしっかり発揮してくれるお薬ではあるので、今現在、勃起障害に悩んでいる人には是非おすすめです。

効果的な服用方法としては一番望ましいのは空腹時の服用で、行為を行う1時間程度前が理想とされています。
満腹時やかなりのお酒が入っている状態だとバイアグラの有効成分シルデナフィルが体内吸収される際に時間がかかってしまったりして効果が弱まってしまうことがあるため、しっかりとした効果を得たい場合は、何かを食べたとしても腹5分目程度にし、お酒もリラックスできる程度の少量にするのが良いとされています。

また、一回一錠で、一度服用した際には24時間は空けないといけませんが、前日(24時間前)にも一錠服用しておくことで勃起力(硬さ角度)が増すこともあります。

効果的な服用といっても、体調や個人差があるため一概には言えず、あくまで目安としてしかならないため、自身の体質やその日の体調、バイアグラの作用が身体にどういう風に影響するのかはしっかり考えて服用するのが望ましいと言えます。

バイアグラの勃起力

ED対策協議委員会の発起人、舘 益男(たち ますお)です。
私は夫婦生活を良好に保つ為には、夜の営みも重要だと私は思っています。
周りの知人に話すと今どき珍しい人だと言われますが、私の中ではそれが当たり前だと思っています。
そんな思いで暮らしているある日、夫婦でまさに営みを始めようとする最中、ペニスに異常が起きました。
生まれたままの姿の妻を見ても反応を示さず、妻に触れられても反応せず、自分自身も軽いパニック状態になりました。
夫婦の営みがなくなったことに妻も残念がっていて、どうにか解消する方法と探し、行きついたのが以前から知っていたバイアグラによる治療でした。

今のようにインターネットで気軽に買う事ができなかったため病院に行き、先生に相談、診察をしてもらいました。
その結果は、やはりEDの疑いが強いということで、バイアグラを利用するための処方箋を書いてもらいました。

はっきり言って知らない人間の前でペニスを露出するという事にはとても抵抗はありましたが、当時は背に腹は代えられないという気持ちでした。(現代では問診のみの病院が多いです)
処方してもらったバイアグラを初めて利用するということもあってでしょうか、期待と不安が入り混じった複雑な気持ちでした。

しかし、服用して1時間程度待って行為に及んだところ先日の無反応が嘘のように反応し始めました。
大げさかもしれませんがとても感動したのを覚えています。
妻もとても喜んでくれ、久しぶりの夫婦の営みに、幸せと安心を感じてくれていたようで私としても本当にほっと胸をなで下ろしました。

お薬の効果は大体5時間程度で切れましたが、翌朝、お薬の余波かどうかは分かりませんが朝に反応していました。(俗に言う朝起ち)
これは後に医師に聞いたところ、ペニスの内部の海綿体と言われる組織が一度薬の効果で膨張したことで、薬の効果が切れてもその組織に血液が流れ込むためそのような現象が起こるのだとか。

つまりその現象を繰り返しいけば勃起不全の改善ができると自分の中で一筋の光が差し込んだ感覚でした。
その日から2日もしくは3日に一錠ずつお薬を服用していった結果、勃起不全という試練を乗り越えることができました。
おかげで妻ともギクシャクしたりすることもなく、いつも通りの毎日を過ごすことができています。
もちろん今でもバイアグラを服用し夫婦の営みは健在です。

バイアグラの効果効能について詳しく見る

バイアグラ通販|お薬なび


~ED対策協議委員会~

当時はそこまでインターネットも普及していなかった事もあり、勃起不全について調べたりすることができず妻と二人で本当に悩みました。
ましてやデリケートな部分なだけに人に安易に相談したりという事もできる訳ではないので、私以外にも本当に頭を悩ませた人がとてもいると思います。

私はまだ妻という理解者がいただけにかなり救われましたが、独り身で勃起不全について悩んでいる人というのは現代にも多く存在しているかと思います。

私のように突然無反応になり悩んでいる人や、長年にわたり勃起不全に悩んでいる人の助けになればいいなと思った事がED対策協議委員会を発足した経緯になります。

運営者情報はこちら