男性4人に1人のお悩みED(勃起不全)!!治療薬の効果や正しい使い方や治療方法を解説していきます。

ED治療薬の効果

ED治療薬

ED治療薬の主な効果はPDE-5(ホスホジエステラーゼ)という体内にある酵素の働きを妨害します。PDE-5には男性の勃起をおさえこむ働きがあり、このPDE-5の働きが優位になりすぎるとED(勃起不全)になります。主にPDE-5の働きを抑えこむことで、血管を広げさせることができます。そうすることでペニスへ円滑に血液を循環を可能にします。この効果によりペニスに勃起に必要な量の血液が流入しペニスが圧迫されることで、EDの人でも通常の勃起をすることが実現できます。
EDの人でも正常に勃起をすることができるよう補助するのがED治療薬です。簡単に説明するとPDE-5(勃起の邪魔をする酵素)を阻害し、ペニスへ血液を集める促進をする働きがED治療薬にはあります。ED治療薬は性欲が増したり、性による興奮がないのに勃起したり、ムラムラするなどの精力増強の効果はなく、悪までも勃起のサポートをする治療薬です。

バイアグラの効果とは?

バイアグラ錠剤シルデナフィルという成分がバイアグラには含まれており、勃起を抑えるPDE-5という男性の体内にある酵素の働きを抑えこみます。この効果によりペニス周辺の神経に作用し血管を広げる作用があります。ペニスに血液が大量に流れることができるようになることで、EDの人でも通常の勃起ができるようになります。
バイアグラは通常の勃起を行えるように補助する治療薬となっています。ED治療薬としてもそうなのですが、それ以外でも注目されている薬で、有効成分のシルデナフィルは、肺動脈性肺高血圧症の治療にも使われています。

レビトラの効果とは?

レビトラパッケージレビトラに含まれる成分のバルデナフィルには勃起を邪魔するPDE-5という体内の酵素の働きを抑えこむ作用があります。この効果により血管が広がり、ペニスへ送られる血液が多くなります。血液の量が円滑にペニスに送られることで、通常の勃起をすることが実現できるようになります。
レビトラとバイアグラは有効成分が異なりますが、同様な効果があり、勃起の補助をすることができます。バイアグラと有効成分が異なるため飲み始めてから効果を実感するまでが早いという特徴があります。勃起の即効性を求める場合に活躍している薬になっています。

シアリスの効果は?

シアリスシアリスに含まれる有効成分タダラフィルの作用は、勃起の働きを抑えこむPDE-5という酵素の働きを抑えこみます。この作用により血管が広げられ、ペニスへ勃起するために必要な量の血液を円滑に流し込むことができます。そうすることで通常の勃起ができるようになり、性行為可能な硬さの陰茎になります。
また、シアリスはED治療以外でも有効成分の適応が認められており、前立腺肥大症による排尿障害、肺動脈性肺高血圧症の治療をする際の薬としても活用されています。バイアグラとレビトラとは有効成分が異なるが、同じような効果があり、どれもED治療薬として人気があり、世界で活躍し愛用者が数多くいます。

ED治療薬の服用方法

 

水とコップ 基本的にED治療薬は水以外の飲み物での服用が可能でアルコールでの服用も可能となっています。  1日1回の服用で、次の服用までは、24時間以上の間隔を空ける必要があります。  飲み物の指定はないのですが、牛乳などの脂肪分が含まれる飲み物や、グレープフルーツジュースは相性が悪いため一緒に飲まないでください。牛乳などは胃に粘膜を張り、薬の吸収を遮ってしまうことがあり、効果が薄かったり、全くで効果が実感できない場合があります。グレープフルーツジュースはフラノクマリン酸が含まれているため治療薬の効果を阻害したり、逆に効果や副作用が過度に出すぎる可能性もあり大変危険となっています。そのため治療薬との服用は推奨できません。
 お酒との服用も適量のお酒の摂取であればリラックス効果もあり相性はいいのですが、過度の飲酒は感覚が鈍ったり、過度の効果が出すぎる場合があるため推奨はできません。

 

バイアグラの服用方法

 

性行為がある可能性の高い時間の1時間前に水で服用。また清涼飲料水やお茶でも服用は可能となっています。アルコールでの服用も可能となっており、服用する際の飲み物は意外と限られていないのがです。しかし脂肪分が含まれる飲み物は胃に粘膜を作ってしまい、薬の成分がちゃんと胃で吸収されず効果が薄かったり、効果が実感できない場合があるので推奨できません。脂肪分の含まれる飲み物以外にグレープフルーツジュースとの服用も相性が悪く、バイアグラの効果の阻害、効果が過度にでたり、副作用が過度にでたりする恐れがあります。
 早く効かそうと噛み砕いて服用する人がいますが、噛み砕いても効果の効く時間には影響はなく、苦いだけなのでご注意です。1日の服用は1回で、24時間は時間を空けて次の服用をするようにしてください。連続での服用はできません。

レビトラの服用方法

 

レビトラの服用方法はお水や、水以外の飲料水での服用が可能となっており、アルコールでの服用も可能です。1日の服用は1回となっており、24時間は時間を空けて次の服用をしてください。1日に服用できるのは20㎎までで、10㎎の場合は1日に2回までの服用が可能となっています。  バイアグラ同様で胃に粘膜を張ってしまい、薬の吸収を妨げる脂肪分の含まれる飲料や、副作用が過度に出る可能性のあるグレープフルーツジュースとの服用は推奨できません。
 服用してからの効果の効き目が一番早いレビトラですが、空腹時であれば性行為の20分前に服用してください。空腹時ではなく、通常の場合は1時間前に服用するのがいいです。バイアグラより食事の影響は出にくいと言われていますが、出にくいだけで影響は多少あります。確実に効果を十分に発揮させたい場合は食前の20~30分前の空腹時に服用してください。

シアリスの服用方法

 

シアリスも基本的に他のED治療薬と一緒で服用する際の飲み物の指定はありませんが、胃に粘膜を張ってしまい薬の吸収を邪魔してしまう牛乳などの脂肪分の含まれる飲み物や、副作用を過度に出してしまう恐れのあるグレープフルーツジュースは推奨できません。  1日1回の服用で24時間以上の間隔をあける必要があります。用量により1日に服用回数に個人の変動はありますが、1日の服用回数は医者と相談の上決めてください。
 性行為があると思われる3時間に服用するのがいいといわれています。遅効性の薬のため服用タイミングは計算しないといけません。

ED治療薬の副作用について

頭を抱える人 ED治療薬でよく挙げられる副作用の症状は頭痛、顔のほてり、目の充血、めまいがあります。 ED治療薬の効果そのものが血管を拡張させ血液の流れをよくする。この作用が副作用に繋がっており、血行が急によくなることで血圧が低下します。そうするとめまいが起こり、血液の循環をよくするために頭部の血管が拡張して顔のほてり、頭痛、目の充血が起こります。ED治療薬で主に挙げられる副作用は薬の効果が効き始めてきた合図として認識するといいです。
副作用は他にもたくさんあり、重篤な副作用も引き起こす可能性もあるのでしっかり知識をつけ理解して服用するようにしてください。

バイアグラの副作用

バイアグラの副作用は主に多くあげられている症状が、めまい、顔のほてり、目の充血、頭痛があります。バイアグラの効果に血行を促進させる効果があるため急に血行がよくなり、血圧が低下します。また血液の循環をよくするために頭部の血管が拡張して顔のほてり、目の充血、頭痛を引き起こします。このような軽めの副作用の場合はバイアグラの効果が効き始めている合図にもなるので、あまり気にし過ぎなくても大丈夫です。しかし、副作用の症状が強く出たり、薬の効果が切れているのにも関わらず症状が治まらない場合は医者にすぐ相談してください。

レビトラの副作用

レビトラの副作用には顔のほてり、頭痛、動悸、めまい、消化不良や、鼻づまりなどが主にあげられる症状です。このような副作用の症状はレビトラを服用して、血中濃度が増加し、血管が拡張することで急激に血行がよくなり、血圧が低下します。そのために起こる副作用となっているので、薬の効果が効き始めてきていると認識してもいいです。副作用の症状は薬の効果が切れるとともに治まりますが、薬の効果が切れているのにも関わらず治まらない、または副作用が強めにでる場合は医者にすぐ相談してください。

シアリスの副作用

比較的に多く挙げられている副作用としては、顔のほてり、頭痛、消化不良などの症状があります。これらの副作用の症状は薬の作用による血管の拡張や、急激な血行促進による血圧の低下、血中濃度の増加などによるものがほとんどです。そのためあまり心配しすぎる事はありません。 稀に視覚への影響の症状が報告されており、眼痛や結膜炎など色覚以上のケースもあります。 軽度の副作用であれば影響が少ないためそのまま使用しても問題はないのですが、副作用が強く出てしまう場合や異常を感じた場合はすぐに病院へ診てもらうようにしてください。

EDの治療法について

股間を見て悩む人EDと言われる勃起障害は症状の重さや原因には人それぞれで個人差があり、日本では成人男性の4人に1人が勃起障害で頭を悩ませているというデータがあります。治療をするとなると毎日の生活を改善させていく必要があるのでとても大変なことです。しかし、続けていく事で効果は感じることはできます。そんな中どうしても勃起作用を必要とする場面がある場合は、現代ではED治療薬による治療法もあります。ED治療薬は、性行為の前に服用することで勃起作用を起こすことが可能で、問題なく膣内において射精することができます。しかし服用するのは医薬品なので個人差や副作用もあり、一度の服用では効果が切れれば勃起障害のままで根本的な勃起不全の改善にはならないことを理解し、注意が必要となります。
早期発見、焦らずのんびり長期治療、これがとても重要です。毎日でなくても、2日に一錠、3日の一錠と自分なりに決めて服用を続けて、性行為をする予定がなくてもマスターベーションを行うように心がけ、なるべくペニスへ血液を送り込むような努力を続けることでED治療へと繋がります。  勃起障害となり、自信を失い女性に対して消極的になってしまった男性がいたら、ED治療薬のバイアグラやそのジェネリック医薬品はとてもおすすめです。また薬剤以外の治療法も現代では進化しており、薬に抵抗のある人でもEDの悩みを解決する方法も増えてきています。EDの治療方法には薬剤での治療方法、薬剤を使わない治療方法とあります。ここでは両方の治療方法を説明・紹介します。
 精力ある若かりし頃の元気な自分を復活させ、男性としての魅力を取り戻して輝ける未来を見据えていきましょう。

ED治療法【薬剤】

バイアグラを差し出す手EDの治療法で薬剤での治療法方はED治療薬で代表的なバイアグラ、レビトラ、シアリス、バイアグラジェネリックがあります。ED治療薬を使った治療法法は、効果、服用方法、副作用について深く理解し知識をつけて扱うことが重要になってきます。薬剤を使えばほとんどの人がEDを改善し、効果を実感している反面間違った扱い方により、事故を起こすケースもあります。ここでは代表的なED治療薬を紹介していきます。

バイアグラ

   

バイアグラ錠剤ED治療薬といえばバイアグラと答える人も多いほど、世界的にも人気で世界中で愛用者のいるバイアグラは、世界で一番最初に開発されたED治療薬です。レビトラ、シアリスがある中で2016年10月には特許切れ、唯一正規のジェネリック医薬品もあります。

レビトラ

 

レビトラパッケージバイアグラの次に開発され、販売された治療薬で効果の即効性が高いことと、服用から30分以内に効果があらわれるED治療薬です。バイアグラの短所の食事の影響を改善しており、食事の影響が受けにくい特徴を持っています。タイミングを計算して服用するバイアグラとは違い、タイミングを計算しやすく扱いやすい治療薬です。

シアリス

 

シアリスパッケージED治療薬の中では一番新しいED治療薬で、有効成分がブロック状の構造でできており、他の治療薬より体内で分解されにくい特徴があり、最大36時間の効果持続を実現した治療薬です。そのため『ウィークエンド・ピル』ともいわれています。

バイアグラジェネリック

   

バイアグラジェネリック錠剤基本的にバイアグラと同じ効果で、製造工程に違いがありますが有効性の試験を行っても、バイアグラと比べ差がないと証明されています。バイアグラと同じ成分、同じ用途で作られているため、バイアグラとほぼ同様と認識できる治療薬です。ジェネリック医薬品のためバイアグラよりもバイアグラジェネリックの方が安価で購入でき経済的にもいい治療薬です。

ED治療法【薬剤以外】

医療機器薬剤を使用しないでできるED治療法にはICI治療、陰圧式勃起補助具、ED1000があります。EDの治療は自分の生活の習慣やライフスタイルから選べることもでき、どのタイプのEDなのかなどでも治療方法を選択することができます。必ずしも薬剤を使わなくてもよく、必ずしも病院で処方して、通院しながら治療しないといけないわけではありません。EDの症状によっては患っている病気の種類によって治療薬を服用できなかったり、病院から服用を禁止されているケースもあります。
さらにPDE-5が必ずしもPDE-5の阻害薬で改善できるわけでもなく、PDE-5阻害薬が効かないというケースもあります。様々な患者に合わせた治療方法を知らずに悩む男性の悩みを解決するためここではED治療薬以外の治療方法を紹介していきます。

ICI治療

注射器ICI治療とはじめて聞く人も多いと思います。ICI(陰茎海綿体注射)はその名のとおり陰茎海綿体に注射をする治療方法です。血管作動薬を注入する事で勃起をすることができるようになります。陰茎深動脈から陰茎海綿体にはいり、血液を増やすことで強制的に勃起をさせる方法です。直接海綿体に注入することで勃起が促進される効果があると1978年に塩酸イソクスプリンで確認されました。その後フェノキシベンザミン、VIP、プロスタグランディンE1が勃起を誘発することができると確認されました。その中でも副作用が少なく、効果の高いプロスタグランディンE1(PGE1)が近年ではICI治療の主流となりました。

ICI治療の手順

ICI治療の効果時間

ICI治療でPGE1を海綿体に注入して5~10分程度で勃起をすることができます。効果がちゃんと現れているのかは触診によって行われます。効果の持続時間は2~3時間ほどしかないため、治療を行ってすぐに帰宅する必要があります。患者さんによっては病院の近くでホテルを予約して、そのままホテルへ直行する『ホテル直行法』を用いられることもあります。

ICI治療の副作用について

ICI治療は非常に副作用の少ない治療になりますが、少ないだけで副作用がでないことはないわけではありません。もっとも多い副作用として、局所の疼痛があります。その他に頭痛、海綿体線維化、皮下出血で、疼痛に関しては患者の8~25%程で疼痛以外の副作用に関しても10%以下と副作用の症状はかなり少なく重篤な副作用も確認されていないため、安全性の高い治療方法になっています。ごく稀に効果が2~3時間に対して、4時間以上勃起が続くケースがあります。『持続勃起症』といい、このような状態が続くと海綿体に障害を起こしてしまう可能性があるため早めに専門医への受診が必要です。

ICI治療をする際の注意点

財布の中空っぽ海外ではED治療の治療実績が十分にあり、広く扱われているICI治療ですが、日本ではまだ認可が下りていないためクリニックでも扱っていない場所が多いです。また病院で注射をしてすぐに帰宅しないといけないことから、自己注射を医者の指導の下可能となっていますが、日本での自己注射は正式に認可されていないため、医師と患者の自己責任で行うこととなっています。
安全性はある治療方法ですが、自己責任の治療になるため、1回の治療平均額が¥10,000ほどかかります。ED治療薬のバイアグラ1錠約¥1,500と比較してもかなりの費用に差額が出ます。長期的な治療として考える場合に、どれぐらいの費用がどれぐらいの期間かかるか慎重に考えないと経済的負担が大きくなります。まずはED治療としてED治療薬のバイアグラ、レビトラ、シアリスなどの薬剤をご自分に合うのか試されて、それでも改善できなかったときの治療法として考えることを推奨します。

陰圧式勃起補助具

血管内部神経障害などによるバイアグラなどのPDE-5阻害薬効果が現れないなど、服用を禁止されている患者が使うことが多い擬似勃起を起こす器具です。ED治療の第二選択肢として用いられることも多い治療方法です。
PDE-5阻害薬を服用しても効果がなかったという患者にも70%の確立で効果が現れており、前立腺全摘出術後にリハビリをしても活用されています。勃起回復、勃起維持にも有効とされています。

陰圧式勃起補助具の使用方法

陰圧式勃起器具のメリット・デメリット

メリット

デメリット

陰圧式勃起補助具が使用不可な人

出血性素因を患っている患者や、白血病、多発性骨髄腫、鎌状赤血球貧血の症状がある患者の使用は禁止されています。また陰茎付近に神経障害がある場合に感覚が鈍っていることで、ゴムバンドを強く締めてしまう可能性があるので注意して扱うことが必要になります。

購入方法

日本では医療器具としての厚生労働省の使用許可が下りており、医師の処方の元購入することが可能となっています。取り扱っているクリニックがお近くにあるか確認をして、医師と相談をして使用することを推奨します。

ED1000とは?

 

ED治療薬が効かない、患っている病気のために服用が禁止されている、体質的に服用ができないなど治療薬を使用できない場合に、痛みを伴わないで副作用もない治療方法としてED100があります。ED1000は世界でも200台しか導入されていなく、日本では25台とかなり少ない最新のED治療機器となっています。最先端の技術で作り上げられたこの機器は根本的なED治療法となっています。ED治療薬のPDE-5の働きを阻害する一時的な治療や効果ではなく、陰茎に低強度の衝撃を与えることで、陰茎の血管を新生させることが可能となっています。新しい血管が生まれることで陰茎に流れ込むことのできる血液の量が増えます。この効果により勃起をすることができるようになります。
ED治療薬のように一時的に血流をよくするのではなく、この治療をすることでEDの症状がなくなり、治療薬に頼ることがなくなり、EDを完治することが可能となります。研究ではED患者の約80%の人が効果を感じていることから、機器のED改善能力のすごさがわかります。また合併症や、糖尿病の患者にも性行為を可能にさせるほどの勃起を実現させています。この機器には副作用がなく持病を持っている人でも影響がないことから人を選ばず万能に働くことができます。

ED1000の治療の詳細

 

治療の時間は約20分程度で、痛みを感じることもなく、副作用もありません。 陰茎部にジェルを塗り、機器のアプリケーターを押し当てます。特殊な衝撃はを陰茎内部に加えることで、血管の新生を促進します。1回の治療は20分程度ですが、確実な効果を得るためには1回の治療だけではなく、数回にわたり治療を繰り返す必要があります。約3ヶ月間治療を続けます。1週間に2回の治療を3週間続け、その後3週間の感覚を空けて、再度1週間に2回の治療を3週間続けていきます。この1サイクルで治療は終了となりますが、患者の状況や、症状により期間に変動がある場合があります。このように1サイクルをこなすことで薬や、治療に頼ることなく勃起することができる可能性があります。ED1000は非常に安全性の高い、医師からも信頼の厚い最先端おED治療機器です。

ED1000をする際の注意点!

お金と計算機ED1000は安全性も高く治療の効果性も高いといわれていてメリットが多くありますが、どの治療にもメリット、デメリットがあるようにED1000にも注意する点があります。世界的にも導入しているところが少なく、クリニックにいけば治療ができるとは限らず、事前に確認をする必要があり、場合によっては遠いところまで出向く必要があります。また、1回の治療にかかる費用がおよそ3万前後~4万円前後します。この治療は約9週間に12回の治療が必要とされます。単純計算でも30万円以上はします。
費用がかかるため通院する交通費なども含めると簡単に治療できる額ではありません。クリニックによってお支払い方法は違うのですが、結局かかる費用は大して差はありません。ED治療薬のバイアグラなどは大体1錠2千円しないです。バイアグラジェネリックになるとさらに安価で購入することができ効果の効き目を感じている人も多いです。ED治療薬を1度試してみてED1000の治療をするのかどうか検討することを推奨します。

ED治療法【生活環境】

ステーキEDの治療方法は治療器具や、治療薬以外の方法でも改善することが可能です。生活習慣や、食生活を改善するだけでもEDの改善になり、さらには予防もできると言われています。現代では科学の進歩、技術の進歩によって生活に不自由が減り、生活環境も昔より大分変化してきています。この変化によっておこる生活習慣病などはEDにも関係していることがわかりました。生活習慣の見直しをすることでEDを改善、予防できる知識をつけましょう。

【生活習慣の改善】

ランニングする男性の影EDの改善、予防策として、生活習慣の見直しが大切になってきます。ED患者にも多い運動不足による血行の不良は大きくEDの症状と関わってきます。EDの原因は陰茎にスムーズに血液が流れることができず、陰茎に血液が溜まらないことで起こる症状です。運動不足や、筋力の低下による血行不良も多く、運動をすることで血行改善がEDの改善、予防には必要不可欠になってきます。  運動をすることで、勃起する際に必要なテストステロンの分泌を促進する効果があります。一番EDに効果的な運動は有酸素運動と言われています。ジョギングやランニングくを1週間に2.5時間以上行った人と、行っていない人とではEDになるリスクが30%も低下したという実験結果も出ています。  また、下半身の筋肉を鍛えることも有効的で、階段の上り下り、スクワットなども推奨されています。このようにちょっとした運動で血行を改善できる可能性はあります。エレベーターやエスカレーターを使わないことや、生活をしていく中で変えていける要素があり生活習慣病などの予防にも繋がるため、運動をすることは凄くいいと言われています。

【食生活の改善】

 

インスタント食品や冷凍食品を簡単に気軽に食すことが現代では可能になっています。外に出ればファーストフード店も多く立ち並び、食に対しての誘惑が増えてきています。塩分の高い食事、脂肪分の多い食事、カロリーの高い食事、この3つが大きくEDと関連してきます。

食事がもたらす病気の症状を上記で表しています。EDと深く関係のある病気で、どれも血管の働きの支障によりもたらされる症状です。また生活習慣病になるとEDの治療事態が困難になります。EDの予防以外にも様々な病気の改善に食生活は関わってきます。  EDは亜鉛が少なくなりテストステロンが減少すると引き起こしてします。そのため日頃の食事で亜鉛をしっかり取ることでも改善できます。亜鉛を含む食べ物は豚・鳥レバー、納豆、豆腐、チーズ、牛もも肉などがあります。

【飲酒と喫煙のED関連性】

タバコの喫煙アルコールには適度な量の摂取であれば、リラックス効果が得られるため、ストレスなどの原因からくる精神的な問題のEDを多少解消することができますが、過剰な摂取により中枢神経に作用し、脳の機能を鈍らせてしまう恐れがあります。この状態になると、勃起のメカニズムが崩れ、正常な勃起ができなくなりEDの症状が出ます。また、タバコに含まれる有害物質は、血管内の細胞を損傷する可能性が非常に高く、血管内皮障害を起こし、一酸化窒素が減少し、動脈硬化の症状が引き起こります。陰茎周辺でも動脈硬化は起こるので、EDの原因として可能性は高いです。タバコに含まれるニコチンには末梢神経を収縮させるので、血流悪化によりEDを促してしまいます。 アルコールもタバコの喫煙も体に与える影響が大きく、過度な摂取は控えることが、ED以外の病気も改善、予防できます。

ED治療薬の比較

バイアグラ、レビトラ、シアリスのパッケージ

ED治療薬にはバイアグラを始めレビトラ、シアリスがあますが、それぞれ有効成分が違い、体にもたらす効果の時間などにも違いがあります。この3つのED治療薬の比較をしながら紹介をしていきます。それぞれの特徴や、効果を知ることで、自分自身にあった薬を見つけ安全に正しく使用していくことができるようになります。

ED治療薬の効果・持続時間

目標目指す人それぞれの効果を簡単に説明し、効果の持続時間の違いを紹介していきます。用途に合わせて使うことができるようになるためにそれぞれの薬を比較して理解しましょう。

バイアグラの効果・持続時間

レビトラの効果・効果時間

シアリスの効果・効果時間

ED治療薬の服用方法

基本的にED治療薬は水以外の飲み物での服用が可能でアルコールでの服用も可能となっています。1日1回の服用で、次の服用までは、24時間以上の間隔を空ける必要があります。飲み物の指定はあまりないため簡単な服用方法です。

バイアグラ

水を飲む男性

  • ・性行為のある可能性の高い時間の1時間前に服用。
  • ・1日の服用は1回で、24時間は時間を空けて次の服用をするようにしてください。
  • ・水、又は清涼飲料水での服用が可能で、適量のアルコールでの摂取も可能です。
  • ・脂肪分の多い飲み物は胃に粘膜を作成し、成分の吸収を遮るため、効果の実感、効果が薄く感じることがあります。グレープフルーツジュースには薬の副作用を過剰に出してしまう可能性があるため服用の相性はよくないです。

レビトラ

シアリス

ED治療薬の食事で受ける影響

股間を見て悩む人ED治療薬で代表的なバイアグラは食事の影響を受けやすいという短所があります。しかしレビトラはその短所を克服薬として開発されました。このように食事で受ける薬の影響は異なり、食事によっては効果がなかなか出なかったり、最悪の場合効果そのものを感じれなかったりします。ED治療薬の効果を感じなかったという意見の中でも、食事の影響について知識が足りなかったため効果を感じなかったということが少なくありません。
レビトラは食事での影響をバイアグラより改善できた薬ですが、胃で薬が吸収されるため胃袋にたくさんの食事が残っていると吸収が遅くなるのは物理的に考えて理解できるように思えます。食事をしたから効果が実感できなかった、薄いではなく、食事をする量や、食事の種類によっても異なってきます。油っぽい食事の焼肉や、から揚げなどは胃での吸収が遅くなってしまうため極力食さないほうがいいです。薬によって異なるのですが、食後はどの薬も2~3時間は時間を空けて服用することを推奨します。また食前であれば30~40分は時間前には服用したほうがいいです。薬によっては食事の前に効果が出て、いざ性行為をするときに効果が切れてしまうこともあります。可能な限り時間を計算して、食事の前に服用することを推奨します。
食事で受ける影響を知ることで、服用のタイミングが変わったりします。計画をうまく立て、自分にあった段取りで満足のいく性行為を成功させるためにもこの知識は非常に関わってきます。これからそれぞれの食事のタイミングや、影響を紹介していきます。

バイアグラの食事の影響

バイアグラ錠剤バイアグラはレビトラ、シアリスの中で最も食事の影響を受けやすいです。そのため服用するのは性行為の30~40分前がよいとされています。1時間後に効果が最も発揮されるといわれているため空腹時の性行為1時間前が服用に最も適した時間です。食事の影響により、極端に効果が低下する恐れが非常に高く、バイアグラの効果を感じれなかったという意見で多いのが、服用のタイミングのずれや、食事がどのように影響するかの知識があまりなかった場合です。食事をした場合は2~3時間後、ちゃんと胃の消化が済んだ後に服用することで効果を最大限に発揮することができます。

レビトラの食事の影響

レビトラパッケージ食事の影響を受けにくいと言われ、影響を極力改善できるように開発されたのがレビトラですが、全然影響を受けないことはなく、食事にはある程度の条件があります。総エネルギー700kcal以下の食事で脂肪が210kcal以下の食事であれば影響を感じないと発表されています。油の多い食べ物や、食べすぎには注意が必要とされます。空腹時の場合は服用してから20~30分で効果を実感し始めます。

シアリスの食事の影響

シアリスバイアグラの食事での影響を改善するために開発されたレビトラですが、そのレビトラよりもさらに食事での影響を少なく開発されたのがシアリスです。800kcal未満の食事であればほとんど影響は出ないとされています。暴飲暴食など過剰な量の食事や、油の多い食事には影響がでるため、あっさりとした800kcal以下の食事を推奨します。

夢の治療薬バイアグラ 服用方法と検証

バイアグラとは

バイアグラといえばEDに悩む人々のために開発された、世界で初めてのED治療薬です。
アメリカで発売されてすぐに爆発的な人気を博し瞬く間に世界中で利用されるようになりました。

その後、日本に上陸し認可され処方されています。



最近ではバイアグラ通販サイトも多く存在し、一般の人にも利用されるようになってきました。
バイアグラの効果を簡潔に説明すると、男性器の血流を増加させそれによって勃起を促す作用があり勃起不全の治療へと繋がります。

お薬を服用することによって常時勃起の作用が起こるというわけではなく、一定の刺激によりペニスが起つ作用の手助けをしてくれます。

そのメカニズムについて下記で詳しく記載してあるので是非、読んでみてください。
薬の効果持続時間は個人差もありますが、平均して約5時間程度となっていますが、服用してから約1~2時間後に効果が最も高くなるため、性行為の時間を考えて服用する必要があります。

服用方法や副作用などをしっかり理解して服用することでバイアグラが持つ本来の効果をより発揮できますので、正しい知識を持つ事がとても大切です。 

バイアグラの服用方法

1998年にアメリカの製薬会社ファイザーから開発されたバイアグラは主成分シルディナフィルが作用し、勃起生涯を改善する治療薬として世界各地でとても人気を集めました。

医療治療薬に該当するもので、国内においては市販されておらず、入手するには医師の処方箋が必要になります。
開発された当初は誰でも購入できる存在ではありましたが、狭心症を患っていてニトログリセリンなどの硝酸塩系のお薬を服用している人間(高齢者が主)がバイアグラを服用し生殖行為を行い、その直後に心停止を起こし死亡するという事が数件発生し、その結果国内では医療用医薬品(処方箋医薬品)に認定され医師からの処方でのみ入手することが可能となりました。

ただし海外医薬品などの個人輸入の場合は処方箋は不要ではありますが、すべて自己責任で行うことになります。
こういったことが過去にあるため、用量や方法は必ず守って服用をしないといけませんが、逆に用量などをしっかり守って服用する分には「夢の勃起障害の治療薬」としての効果をしっかり発揮してくれるお薬ではあるので、今現在、勃起障害に悩んでいる人には是非おすすめです。

効果的な服用方法としては一番望ましいのは空腹時の服用で、行為を行う1時間程度前が理想とされています。
満腹時やかなりのお酒が入っている状態だとバイアグラの有効成分シルデナフィルが体内吸収される際に時間がかかってしまったりして効果が弱まってしまうことがあるため、しっかりとした効果を得たい場合は、何かを食べたとしても腹5分目程度にし、お酒もリラックスできる程度の少量にするのが良いとされています。

また、一回一錠で、一度服用した際には24時間は空けないといけませんが、前日(24時間前)にも一錠服用しておくことで勃起力(硬さ角度)が増すこともあります。

効果的な服用といっても、体調や個人差があるため一概には言えず、あくまで目安としてしかならないため、自身の体質やその日の体調、バイアグラの作用が身体にどういう風に影響するのかはしっかり考えて服用するのが望ましいと言えます。

バイアグラの勃起力

ED対策協議委員会の発起人、舘 益男(たち ますお)です。
私は夫婦生活を良好に保つ為には、夜の営みも重要だと私は思っています。
周りの知人に話すと今どき珍しい人だと言われますが、私の中ではそれが当たり前だと思っています。
そんな思いで暮らしているある日、夫婦でまさに営みを始めようとする最中、ペニスに異常が起きました。
生まれたままの姿の妻を見ても反応を示さず、妻に触れられても反応せず、自分自身も軽いパニック状態になりました。
夫婦の営みがなくなったことに妻も残念がっていて、どうにか解消する方法と探し、行きついたのが以前から知っていたバイアグラによる治療でした。

今のようにインターネットで気軽に買う事ができなかったため病院に行き、先生に相談、診察をしてもらいました。
その結果は、やはりEDの疑いが強いということで、バイアグラを利用するための処方箋を書いてもらいました。

はっきり言って知らない人間の前でペニスを露出するという事にはとても抵抗はありましたが、当時は背に腹は代えられないという気持ちでした。(現代では問診のみの病院が多いです)
処方してもらったバイアグラを初めて利用するということもあってでしょうか、期待と不安が入り混じった複雑な気持ちでした。

しかし、服用して1時間程度待って行為に及んだところ先日の無反応が嘘のように反応し始めました。
大げさかもしれませんがとても感動したのを覚えています。
妻もとても喜んでくれ、久しぶりの夫婦の営みに、幸せと安心を感じてくれていたようで私としても本当にほっと胸をなで下ろしました。

お薬の効果は大体5時間程度で切れましたが、翌朝、お薬の余波かどうかは分かりませんが朝に反応していました。(俗に言う朝起ち)
これは後に医師に聞いたところ、ペニスの内部の海綿体と言われる組織が一度薬の効果で膨張したことで、薬の効果が切れてもその組織に血液が流れ込むためそのような現象が起こるのだとか。

つまりその現象を繰り返しいけば勃起不全の改善ができると自分の中で一筋の光が差し込んだ感覚でした。
その日から2日もしくは3日に一錠ずつお薬を服用していった結果、勃起不全という試練を乗り越えることができました。
おかげで妻ともギクシャクしたりすることもなく、いつも通りの毎日を過ごすことができています。
もちろん今でもバイアグラを服用し夫婦の営みは健在です。

バイアグラの効果効能について詳しく見る

バイアグラ通販|お薬なび


~ED対策協議委員会~

当時はそこまでインターネットも普及していなかった事もあり、勃起不全について調べたりすることができず妻と二人で本当に悩みました。
ましてやデリケートな部分なだけに人に安易に相談したりという事もできる訳ではないので、私以外にも本当に頭を悩ませた人がとてもいると思います。

私はまだ妻という理解者がいただけにかなり救われましたが、独り身で勃起不全について悩んでいる人というのは現代にも多く存在しているかと思います。

私のように突然無反応になり悩んでいる人や、長年にわたり勃起不全に悩んでいる人の助けになればいいなと思った事がED対策協議委員会を発足した経緯になります。

運営者情報はこちら