日本ではバイアグラの入手方法としては病院か海外通販での購入のどちらかになりますが、各々のメリットやデメリットについて見てみましょう!

夢の治療薬バイアグラ 病院処方と海外通販

二つの入手方法

日本においてここ数年でさらに浸透しつつあるEDの治療薬ですが、一番最初に購入するにあたり、病院で処方してもらうことを選択するか、海外通販で購入するか、迷ってしまうというのはよくある話ですし、決めれずに悩んでしまってどちらも一歩踏み出せないといった事もあるかと思います。
価格という視点から見た場合はいったいどちらがお得なのか、考えていきたいと思います。
こういった疑問が多いことから様々な方法で検証している人も居ますが、処方してくれる病院も数多く存在し、海外の通販サイトもネット社会と言われている近年ではたくさん存在しているので、あくまで参考程度となる平均値での話になってしまいます。
平均値を参考にして、ご自身の購入を検討しているところと比較してもらうのが一番良い方法と思われます。

病院処方と海外通販

まず病院についてですが処方してもらうにあたり、本来だと受診料というのがかかりますが、病院によっては受診料どころか再診料等もかからない場合もあります。
そういったケースも含め、ここでは単純に処方してもらうお薬代のみを考えていきます。
首都圏でED治療薬を処方してくれる病院ではバイアグラ25mg1錠では1300円から2000円、50mg1錠では1500円から2200円となっていて、レビトラとシアリスについてはバイアグラより平均200円前後高く設定されているのが相場のようです。
これに比べて海外医薬品の通販だとバイアグラの25mg1錠で1200円から1600円、50mg1錠1400円から1800円となっていて比較すると病院よりも安く設定されているところがほとんどです。
お薬の代金だけを視野に入れて考えた場合は通販サイトの方がお得と言えます。


先述ではお薬の代金のみでしましたが、ここで受診する医療費や海外通販の送料などを少しだけ考慮をするとまた少し金額に差が生まれます。
あくまで参考ですが、医療費は病院によって異なるのでおおよそになりますが、保険適用外ということもありすべて合わせて3000円程度とし、海外通販の場合だと700円から1000円程度が送料として設定されているサイトが多く、それをお薬代と足したとして、結果的にも総合的にも海外通販の方がかなりお得と言えます。
ただし、海外通販は購入から服用に至るまですべて自己責任です。
そして病院で処方をしてもらう場合には安心安全も同時に購入しているようなもので、その分だけ高くなってしまうということには理解が必要です。

病院による処方(通院に手間がかかります)
通院費 200円 ※首都圏で2駅程度電車で移動した場合
診察費 3000円程度 ※初診料を含む
薬価 1300円〜2200円
海外通販(購入から到着まで時間がかかります)
送料 700円~1800円
薬価 1200円〜1800円
ED治療薬のおすすめ海外通販はこちら