どのような生活をしている人がEDになりやすいのか、それを知ることでEDにならないための予防と、治療に役立てましょう!

勃起不全になりやすい人

勃起障害になる原因としては器質性タイプと心因性のタイプが上げられます。
どういう症状を持っている人が器質性タイプの勃起障害を引き起こすのか、どういう環境で生活をしている人が心因性タイプの勃起障害になりやすいのかということを把握しましょう。
そういった原因と発症の因果関係やメカニズムを理解していくことで勃起不全の予防や治療をする上で、より良い効果を得るきっかけとなってくれます。

今現在、勃起不全でなかったとしても後述のような生活をしている人は十分に可能性があるといえます。
なので他人事と思わず、いつ発症するかも分からない勃起不全の原因についてはしっかりとした知識が必要です。

器質性タイプと薬剤性タイプ

まず、器質性EDタイプと薬剤性EDタイプついては病気をしてその治療で薬を服用しているといったケースがあるため、分別せずに考えていきます。

病気の中でも中枢神経や循環器系に影響を与える病気を患っている場合は、治療薬が神経系や循環器系に対して影響をもたらすものが多いため勃起にも影響を及ぼします。

例えばうつ病になった場合に抗うつ剤や抗精神病薬などを服用しますが、これらには脳内の神経伝達物質を遮断する効果があるため、心理的興奮を脳が感じてもペニスに信号を伝達することができないため、勃起障害を引き起こします。

心因性タイプ

そして原因も予防策も、改善策も個人差が大きく影響する心因性EDタイプはその人の日々の生活がとても重要になってきますが、まず平均的に見て、時間に追われている人は勃起障害を起こしやすいです。
例えば仕事で満足な睡眠時間をとれず不規則、食事の時間もバラバラで時間がないからと手軽な物を口にする程度、こういった生活をしていると勃起障害だけではなく、様々な場面で身体に異常がみられる可能性があるので生活の見直す必要があると言えます。

他にも、仕事でストレスを抱え、そのせいでタバコを吸う本数が増え、お酒も遅い時間や明け方まで飲むことでなどの悪循環は身体的、精神的にダメージを与えています。
飲んでいる時間はとても楽しくストレスを感じてないと錯覚しますが、お酒やタバコ、睡眠時間の減少などは思っている以上に身体を酷使していることになります。

こうしたストレスは目には見えない分、その場その場で把握することは難しいので、しっかりと自分自身を管理していくことがとても大切です。
自分自身の身体のことをしっかり気遣い、生活サイクルを見直したり時には趣味などでストレスの発散を計るなど、健康的な生活を心がかけることで心因性の勃起障害の発症をかなり抑制することが可能です。