夢の治療薬バイアグラは、たくさんの製薬会社よりジェネリック医薬品が誕生しています。どんなジェネリック医薬品があるのか見てみましょう!

夢の治療薬バイアグラのジェネリック医薬品

1998年に登場したバイアグラも有効成分のシルデナフィルの特許が取られてから、2014年5月13日、同年同月17日に各々「用途特許」と「成分特許」が満了となりました。

そのタイミングでシルデナフィルを有効成分とし、同じ製法で開発された、いわゆるジェネリック医薬品というものが開発され登場し始めます。

用途特許とは申請している新薬候補の化合物がどういう疾患に対して治療や予防の効果があるかを特定した特許です。
つまりバイアグラに含まれるシルデナフィルがどういう症状に対して、効果や効能があり、治療できるかという事の特許になります。
成分特許とは成分そのものに対しての特許です。
特許の中でもとても重要で権利範囲がとても広い特許になります。

バイアグラの場合はシルデナフィルに対しての特許で、化学式で表記されることが多く“C22H30N6O4S”という化学式になります。
この成分の許可を取得できた場合は、この成分を含む製品を自由に製造し販売することができるようになる独占権利を得ることになります。



特許の存在意義

特許というのは薬剤の場合、新薬の開発に10年から15年の年月を要すると言われています。
時間だけではなく研究費用も100億円から150億円もかかると言われていて、そういった研究をしている開発者(会社)の開発権利を守るために設けられたものです。
そうした権利が満了を迎え、且つ需要がある製品は、様々な製薬会社から改良されてジェネリック医薬品が登場することになります。

ジェネリック医薬品の特徴としては、先発品(オリジナル)と同一成分を主成分として製作されていて、先発薬に比べて価格がとても安く、4分の1から6分の1程度で販売されているものがほとんどです。低価格で同じ効果効能を得られるとして、ジェネリック医薬品は販売開始当初からとても注目を集め、オリジナルの製品に引けをとらないくらい支持を得ることがほとんどです。

バイアグラと同一の成分で製造されている勃起障害の治療薬としては、カマグラゴールドやシラグラなど数多くの製品が存在します。
これらのお薬については主成分による効果効能については違いはないため、錠剤の色や形状、箱の形やデザインなどで選んだりする人も多く存在しています。

ジェネリック医薬品

代表的な製品としてはカマグラゴールドが第一に上げられます。
バイアグラと同一成分のED治療薬としては一番人気と行っても過言ではない製品で、価格としては約4分の1程度で服用方法や副作用はほとんど変わりません。

次に支持を得ている製品といえば、シラグラという製品です。
シラグラの特徴としては錠剤にちょっと便利な仕掛けが施されているところで、錠剤に点線が付いていて専用カッターで簡単に割ることができます。

有効成分の含んでいる量を体質に合わせて調整することができるので、小柄な体型の日本人との相性が良いということで支持を得ています。

その他のジェネリック医薬品として、センフォースやシルビトラ、ハードオンやゼネグラなどが存在しています。
どの製品も有効成分や効果効能は同じですが、バイアグラより少なからず改良はされているので、特徴やどういった点がバイアグラと異なっているのかは購入するにあたり確認することが大切です。

ジェネリック医薬品おすすめ海外通販サイト