夢の治療薬バイアグラは一体どのような経緯で誕生したのか、開発者の苦悩と誕生の背景を見てみましょう!

夢の治療薬バイアグラ 誕生秘話

バイアグラ誕生秘話

夢の勃起不全治療薬と言われるバイアグラは1998年にアメリカのファイザーという製薬会社から生み出されました。
開発当初から世界各地で話題となり、センセーションを巻き起こし様々な意味で社会問題として取り上げられました。
勃起不全の治療薬はどうして誕生したのか、その経緯は本来の目的とは異なった意外な事実から判明することになります。

もともとは新しい方式で血圧や狭心症などの治療薬として研究が開始されたのが始まりです。
研究を開始して早い段階で副作用の確認や、その症状を確認する過程として動物実験を行いましたが、この実験は成功といえる結果で、研究者はスムーズに進行する研究に手応え感じていました。
そして勢いそのままに人に対して第一回目の臨床試験を行うことになりますが、試験を行っていく上で被験者からは望ましい結果は得られず、その後の経過も決して捗々しいものではありませんでした。
しかし、ここまでの研究にあたり膨大な研究費がかかっていたこともあり研究者は簡単に諦められる状況ではありませんでしたが、悩みに悩んで被験者の身体の負担なども考え渋々ではありましたが、臨床試験の中止を決定せざる負えなくなります。

中止が決定し被験者から余剰の試験薬の回収をしている中、なぜか被験者数人が試験薬の返却を渋り、研究者がその理由を確認したところ、ほんの僅かではありましたが、陰茎の勃起作用を促進する効果が表れていた事が判明しました。
これはバイアグラの主成分であるシルデナフィルは体内でグアノシン一リン酸(oGMP)の成分分解を行っていると言われるホスホジエステラーゼ(PDA-5)が酵素活性するしてしまうことを抑制し、その事でペニス周辺に存在するNo作動性の神経に影響して血管を拡張させることで血行が良くなり血液の流入が増え、勃起作用を促進させるという作用が働いたためであると研究者は把握しました。

そこから研究者は血圧や狭心症ではなく、勃起を促進する薬として再度研究を重ね、1998年のバイアグラ開発に至ったという、まさに偶然の産物でバイアグラは誕生しました。

バイアグラ開発のファイザー社

1849年にニューヨークで創業。

この頃はまだ戦争があちこちで勃発していたため、研究や開発においては際立った成果をおさめていた訳ではありませんでしたが、南北戦争の北軍の医薬品においてはファイザー社のものでした。

戦争が落ち着き、そこから抗生物質を川きりに様々な開発がされていきます。
創業から150年後バイアグラの開発に成功し一気に世界的に有名な製薬会社となりました。
そんなファイザー社の製品においてバイアグラと同じくらい支持を得ている製品がクロトリマゾールという抗真菌薬の一つです。

性感染症の中でも多くの女性が発症する可能性がある病気である膣カンジタに対してとても有効とされています。
本来カンジダ菌と言うのは女性の膣内・口内などにある常在菌で、何ら症状を現す事はありません。

しかし疲れやストレスなどによって免疫力が低下してしまうと、外陰部にかゆみが出てきたり、おりものがカッテージチーズのようになってしまう事があり、それが女性だと誰でも発症する原因となる理由になります。

万が一発症した場合は再発率が高い物なので、早めに対処するのが望ましクロトリマゾールは服用する事によって、真菌が増殖する事を抑える事が出来ます。
副作用が少なめの薬なのですが、人によっては嘔吐・下痢・発疹などが起きてしまう事もあるので注意しましょう。
もし普段とは違う症状が出てきた時などは、医師に相談するなどして対策しましょう。

バイアグラおすすめ海外通販サイト