近年では社会問題となりつつあるEDはどのような事が原因で発症するのか、またその治療法について理解しましょう!

勃起不全の原因と治療法

EDと言われる勃起障害は症状の重さや原因には人それぞれで差などありますが、成人男性の4人に1人が勃起障害で頭を悩ませているというデータがあります。

勃起障害といわれる人のうち、およそ8割を超える人が精神面に負荷がかかることが原因で起こる心因性タイプで、残りは2割は外傷や身体の疾患が原因となって起こる器質性タイプになります。

器質性の勃起不全

器質性タイプついては加齢現象なども含まれますが、これは病気や外傷が治れば自然と勃起力も向上してくる見通しがあります。
そうした自然治癒もできますが、様々な方法を用いて回復を早める対策もあり、適切な運動や食事が有効とされています。

有酸素運動などで無理なく運動をして血行の促進をすることで良い結果を得られます。
また食事においてもニンニクやすっぽんを始め鰻や牡蠣、豆乳などを工夫して食事に取り入れることでも治癒能力を高めます。ただし加齢減少については運動や食事では改善する可能性が低いです。

他にも器質性タイプにおいては鍼灸師の針治療を経て改善を計る人もいて、針で陰茎付近に効くツボを刺激し、ペニスが起つよう促す効果が期待できます。

心因性の勃起不全

そして男性の8割近い人の原因となっている心因性タイプは、運動や食事という点においては多少の効果はりますが、針治療などはほとんど効果がありません。

心因性の場合はメンタルの浮き沈みや精神的な負荷が大きく影響していて、今のストレス社会と言われている日本が心因性タイプの原因の根源と言っても間違いではありません。

心因性の場合は仕事や私生活などにおけるストレスを根本的に解消する必要があります。
バランスのとれた食事や十分な睡眠を心がけるとともに適度に運動を取り入れることででストレスの発散をするのがとても重要です。

健康に留意した生活を心がけること、精神的にかかる負荷を軽減していくこと、この二つを念頭において生活をしていくことで勃起障害の改善はもちろん健康に留意する形になります。

治療について

根本的に治療をするとなると毎日の生活が変えていく必要があるのでとても大変ではありますが、続けていく事で効果は表れます。
そんな中どうしても勃起作用を必要とする場面がある場合は、現代ではバイアグラという治療薬による治療法も存在しています。

行為の1時間程度前に服用することで勃起作用を起こすことも可能で、問題なく膣内において射精することができます。
ただし服用するのは医薬品なので個人差や副作用もあり、一度の服用では効果が切れれば勃起障害のままで根本的な解決にはならないので注意が必要です。

早期発見、焦らずのんびり長期治療、これがとても大切です。

毎日でなくても、2日に一錠、3日の一錠と自分なりに決めて服用を続けて、性行為をする予定がなくてもマスターベーションをするようにしたりしてなるべくペニスの血液を送り込むような努力を続けることでED治療へと繋がります。
勃起障害となり、自信を失い女性に対して積極的になれないでいる男性がいたら、ED治療薬のバイアグラやそのジェネリック医薬品はとてもおすすめです。

精力ある若かりし頃の元気な自分を復活させ、男性としての魅力を取ろ戻して輝ける未来を見据えていきましょう。

バイアグラおすすめ海外通販サイト