EDの仕組みや原因を知ることで、理解を深め悩みを解決していきましょう。

EDについて

嘆く人EDとは「Erectile Dysfunction」日本語で勃起機能の低下の意味を持ちます。その名の通り、正常な勃起ができず、性行為に必要な硬さの勃起ができず挿入ができない症状、または勃起の持続ができず、中折れをしてしまう、陰茎に硬さがない、満足な性行為をすることができない状態のことをEDといいます。日本の男性の4人に1人がこの症状に悩みを抱えています。また、日本のみならず、世界でもこの悩みを抱えている男性は多いです。近年では若年層のEDも報告されており、20代からこの症状に悩む人も増えてきております。男性のみならず、女性の悩みにもなりかねない症状で、EDによって男女間の関係に溝を作ることも少なくはないです。また性欲はあるのにも関わらず性行為をいざする際に勃起しないことに自信をなくしたりすることからさらにEDの症状を悪化させ、治療に時間がかかります。男性は勃起をする際に性的興奮や、刺激があった際に脳から指令を起こし、陰茎の中の血管を膨張させる物質(cGMP)が増えます。血管が広がることで勃起に必要な血液が海綿体へ循環し、流入することで、陰茎が膨張され勃起します。性的興奮の状態が治まるとPDE-5という酵素が出てきて、cGMPという物質を壊す作業が行われます。この作業により、膨張していた血管を収縮していき勃起の症状が治まります。PDE-5は勃起障害にならないためには必要な酵素で、男性が日常の生活で勃起してしまうのを抑える働きをしています。しかし、cGMPが減少したり、出ずらくなる状態に陥ると、PDE-5が優勢になりすぎて性的刺激があってもcGMPを破壊できる量が多すぎる状態になり勃起ができなくなります。
EDと言われる勃起障害は症状の重さや原因には人それぞれで差などありますが、およそ8割を超える人が精神面に負荷がかかることが原因で起こる心因性タイプで、残りは2割は外傷や身体の疾患が原因となって起こる器質性タイプになります。また、生活環境なども大きくこの病気に関わってきています。EDと診断される条件の幅も広く自分はEDではないと思っていてもEDだった。ということも少なくはなく治療が遅れてしまうこともあります。EDの予兆を見分けることで、予防、対策ができます。EDは治療不可能な病気ではなく、ほとんどの場合が治療薬で症状を改善することが可能です。不安を抱えすぎて、悩みすぎずEDについての正しい知識をつけることでEDのお悩みを解決していくことが可能となります。

EDのタイプについて知ろう!!

勃起障害になる原因としては機能性(心因性)、器質性、混合性、薬剤性の4つのタイプが上げられます。 どういう症状を持っている人が器質性タイプの勃起障害を引き起こすのか、どういう環境で生活をしている人が心因性タイプの勃起障害になりやすいのか、様々な原因のタイプを把握しましょう。そういった原因と発症の因果関係やメカニズムを理解していくことで勃起不全の予防や治療をする上で、より良い効果を得るきっかけとなってくれます。今現在、勃起不全でなかったとしても男性には生活環境などでも十分に可能性があるといえます。なので他人事と思わず、いつ発症するかも分からない勃起不全の原因についてはしっかりとした知識が必要です。早めの対処、予防を心がけることが大切です。

機能性(心因性)EDについて

頭を抱え悩む人機能性EDは、正常に勃起の機能はできているのにも関わらず、精神的な心理的要因などにより、満足な性行為ができなくなるEDです。器質的な原因ではなく、その人のメンタルの治療も必要となるタイプです。機能性EDは2種類に分類することができ、心因性EDと精神病性EDがあります。改善策も個人差が大きく影響する心因性EDタイプはその人の日々の生活がとても重要になってきますが、まず平均的に見て、時間に追われている人は勃起障害を起こしやすいです。例えば仕事で満足な睡眠時間をとれず不規則、食事の時間もバラバラで時間がないからと手軽な物を口にする程度、こういった生活をしていると勃起障害だけではなく、様々な場面で身体に異常がみられる可能性があるので生活の見直す必要があると言えます。他にも、仕事でストレスを抱え、そのせいでタバコを吸う本数が増え、お酒も遅い時間や明け方まで飲むことでなどの悪循環は身体的、精神的にダメージを与えています。
飲んでいる時間はとても楽しくストレスを感じてないと錯覚しますが、お酒やタバコ、睡眠時間の減少などは思っている以上に身体を酷使していることになります。こうしたストレスは目には見えない分、その場その場で把握することは難しいので、しっかりと自分自身を管理していくことがとても大切です。自分自身の身体のことをしっかり気遣い、生活サイクルを見直したり時には趣味などでストレスの発散を計るなど、健康的な生活を心がかけることで心因性の勃起障害の発症をかなり抑制することが可能です。

心因性ED(心因性にもさらに「現実心因」「深層心因」があります。)

精神病性ED

機能性EDの診断と治療

機能性EDは早朝勃起やマスターベーションは問題なく、十分な勃起ができ、硬さも十分維持できます。しかし、性行為になると陰茎が勃起しなく、機能しなくなるのです。精神的なストレスや、トラウマ、性行為に対する嫌悪感からきている可能性が高く、それらの可能性を問診し、根本的な原因を解明します。精神病性EDは精神医学的な検査が必要となり、ほとんどの場合精神科での治療が必要とされます。心因性EDは泌尿器科やクリニックで心理療法や、薬物療法のふたつの治療が用いられます。

器質性EDについて

器質性EDの原因としては、物理的身体障害が原因で起こります。血管や神経、外傷、内分泌などによって引き起こされています。外傷の後遺症で発生する性機能障害もその分類に入り、陰茎の異常や、解剖学的なことで起こる原因です。器質性EDはさらに具体的に分類され、血管性、神経性、内分泌性、手術や外傷に分けられます。

器質性EDの診断と治療

手にあごを乗せ悩む人陰茎に注射をすることで勃起を誘発するのですが、この注射で勃起しない場合血管障害のEDの可能性が考えられます。肛門周辺の触覚や痛覚、温度覚の知覚検査と反射検査を行い神経へのスムーズな伝達が行われているか神経の検査をし判断します。またホルモンの測定値を測り、性腺機能低下症と診断された場合、内分泌障害の検査をします。このようにEDの原因を分類ごとに分けることで、明確な原因を追求できます。 血管の障害によるEDには血管作動役の注射を行い勃起を誘発します。神経性のEDには時間が経てば自然に治癒することがありますが、個人差があるため治癒するまではED治療薬を使ったり、勃起補助具を使用したりします。内分泌が原因のEDには睾丸からのホルモン注射をします。注射で改善が見られない場合は、ホルモン補助治療を行います。しっかりとした検査や診断を行うことで、しっかりと分類にあった治療法を選抜して、より効果的な治療ができます。

混合性EDについて

こめかみに指を当て悩む人気質的な要素と、精神的な要素が正常でないと通常の勃起があたりまえのように起こることができません。血管の拡張、性的興奮による男性ホルモンの分泌、精神的興奮。これらのどれかひとつでも欠けてしまうと正常な勃起ができなくなりEDになります。混合性EDは外傷などによる神経の損傷で器質性EDになった人が、その症状によってストレスを感じて、自信をなくしたり不安を抱えることで、精神的な心因性EDを引き起こした際に混合性EDとなります。勃起に必要な精神的要素と器質性要素2つからなる原因のEDです。よって治療は2つの原因を解消していく必要があります。
混合性EDは糖尿病や腎不全、泌尿器科的疾患などの病気が引き金となります。また加齢も原因のひとつで、加齢による、男性ホルモンの減少や、生活習慣の乱れ、動脈硬化などがあげられています。また男性にとっての勃起力はある意味自信でもあるため、その自信を失うことでもEDの引き金となります。

混合性EDの診断、治療

混合性EDは器質性と機能性の両方の要因を兼ねそろえているため、非常に診断が難しく、器質性EDだと思って治療に励んでも治らなかった。などの治療方法に非常に慎重な診断が必要になります。そのためED治療の際は自信の状況をしっかりと把握するか、医師に伝え積極的に協力することが大事です。器質性EDの診断に加え、機能性EDの診断をして判断します。混合性EDを見逃さないためにも治療にはさまざまな努力が必要になってきます。

薬剤性EDについて

錠剤を手に出す薬剤性EDとは先天性の病気を持っている人や、常用薬を服用している人に起こることが多いEDです。常用薬の副作用が原因でこの症状を引き起こします。常用薬の副作用と知らずに、精神疾患や、身体の疾患、生活習慣や加齢によるEDと勘違いして治療に遅れる人も少なくはありません。常用薬の中には男性ホルモンに影響する薬もあり、性欲や勃起、射精の機能が低下する副作用を含んだ薬もあります。日本は、薬剤性EDに対しての関心が低いため、医師や、薬剤師ですら性機能への影響のある薬の正確な情報を持ち合わせていないことが多くあります。理由としては常用薬で健康を維持する際に、薬剤性EDが直接命に関わる病気でではないことから説明書に記載されていることがかなり少ないためです。薬剤性EDになる可能性のある常用薬は精神安定剤、抗うつ薬、向精神薬などがあります。うつ症状の人は副作用によってEDになったことに気づいていないことが多く、うつがよくなってきて性行為をするときにEDだと気づく人が多く見られます。このようなことから薬剤性EDについての知識をつけて、予防、対策をすることは凄く大事なことになります。

EDになりやすい人

EDになりやすい人には同じような特徴があり、睡眠不足、ストレス、慢性的なストレスを抱えやすい人に多くみられる症状です。年齢による身体機能の低下や、食生活、喫煙なども関係していますが、とくにEDに大きく関係するのがストレスです。また器質性EDや、心因性EDのタイプによってなりやすい理由が異なり、原因と発症の因果関係やメカニズムを理解していくことでEDの予防や治療をする上で、よりよい効果をえるきっかけとなってくれます。

器質性タイプと薬剤性タイプ

まず、器質性EDタイプと薬剤性EDタイプについては病気をしてその治療で薬を服用しているといったケースがあるため、分別せずに考えていきます。病気の中でも中枢神経や循環器系に影響を与える病気をもっている場合は、治療薬が神経系や循環器系に対して影響をもたらすものが多いため勃起にも影響を及ぼします。うつ病になった場合に抗うつ剤や抗精神病薬などを服用しますが、これらには脳内の神経伝達物質を遮断する効果があるため、心理的興奮を脳が感じてもペニスに信号を伝えることができないため、勃起障害を引き起こします。

心因性タイプ

目頭を抑える人原因も予防策、改善策も個人差が大きく影響する心因性EDタイプはその人の日々の生活がとても関係してきます。まず平均的に見て、時間に追われている人は勃起障害を起こしやすいです。例えば仕事で満足な睡眠時間をとれず不規則、食事の時間も決まっていなく、時間がないからと手軽な物を口にする程度、こういった生活をしていると勃起障害以外に、様々な場面で身体に異常がみられる可能性があるので生活の見直す必要があると言えます。他にも、仕事でストレスを抱え、そのせいでタバコを吸う本数が増え、お酒も遅い時間や明け方まで飲むことでなどの悪循環は身体的、精神的に負担を与えています。飲んでいる時間はとても楽しくストレスを感じてないと錯覚しますが、お酒やタバコ、睡眠時間の減少などは思っている以上に身体を酷使していることになります。
こうしたストレスは目には見えない分、その場その場で把握することは難しいので、しっかりと自分自身を管理していくことがとても大切です。自分自身の身体のことをしっかり気遣い、生活サイクルを見直したりしたい時には趣味などでストレスの発散を計るなど、健康的な生活を心がかけることで心因性の勃起障害の発症をかなり抑制することが可能です。

EDになりやすい人の性格

腕を組む人EDになりやすい性格の特徴もあり、完璧主義で真面目、神経質、自信家な人は普段の生活や人付き合いの中でストレスを感じやすく、社会に出たときの環境の変化に順応するのが遅れることがあります。人それぞれのやり方を受け入れるのに少々抵抗を抱いてしまう性格で、気づかないうちにストレスをためてしまうことがあります。また仕事で責任感があるのはいいことなのですが、完璧にこなそうとして体力を削り、一人で負担を抱え、それがストレスへ変化します。このような性格の人は精神的なストレスから来るEDを引き起こしたり、うつ病になるケースもあります。物事を楽観的に捉えることも時には大事で、そうすることでストレスを回避できます。

EDになりやすい人の生活習慣

壁にもたれ一点を見つめる人EDはそもそも血行不良の原因からきていることが多く、生活習慣からEDになることも少なくはありません。血液の循環機能がうまく機能しており、海綿体へしっかり血液が流れていれば硬く挿入可能な勃起をすることができます。年齢を重ね、身体的な機能の低下によりもちろん陰茎にも影響は出ます。若年層の20~30代で引き起こすEDはストレスが原因の結果が出ています。もっともストレスを受けやすい中年世代はこのような原因でEDになることが多く、ストレスを無くすことができなくとも、減らしていける環境づくりが大切です。人間は同じことを繰り返すことで習慣にしてしまう癖があり、嫌なことを考えたり、ネガティブな事を発するだけでストレスになります。このようなストレスになる原因をなるべく、想像しない、考えないことでもEDの予防、改善になります。
性行為をしたいという願望があっても、ストレスが性的興奮を減退してしまいます。このようにストレスが生活習慣で習慣化された人はED治療薬を飲んでも効果が出にくいことが少なくはありません。ストレスを抱えている、抱えているかわからない人でも7~8時間の睡眠をとることで、心身の機能をリセットすることができ、ストレス改善にはかなり効果的だといわれています。睡眠時間をしっかり確保する生活習慣をこころがけるだけで、EDの改善に役立ちます。

EDになりやすい職業は?

上記でわかるように長時間座ることがある可能性のある職業や、ストレスを感じやすい職業にEDの症状がもっとも多く見られるとEDで病院へ訪れた患者の職業統計にも出ています。

女性との関わり不足

若いころに女性との性体験が少ない人や、女性と触れ合う機会が少なかった人に多く、性行為に対して異常な緊張を抱いたり、不安や焦りの気持ちが生じます。心理的に大きな負担になるこの気持ちは、性行為をする際に緊張がほぐれず、リラックスできないまま性行為をしてしまい、中折れをしてしまいます。このようなEDは女性と触れ合う機会を増やすことで自然に治すことができます。若いころから異性と触れ合うことがあまりなかった場合は、徐々に女性との触れ合いを増やしていくことで改善に導きます。

EDと診断される範囲は広い?

呼びかける男性EDは勃起ができない病気だと思っている人が多く、自分はEDではないと思い込んでいる人も少なくなくないです。EDと診断される範囲はとても広く、勃起ができないだけではなく、勃起をしても維持が困難、性行為の途中で勃起が萎える、勃起をしても硬さがない、満足のいく性行為ができない、勃起するのに時間がかかる、マスターベーションのときは勃起するが、性行為のときだけ勃起ができない、勃起力が弱いなどの症状でもEDと診断されます。そもそもEDになる原因は機能の問題もあれば精神的な原因からくるEDもあります。人が感じているちょっとした感覚の違いからEDは起こる可能性があります。生活環境の乱れなど健康に対しての配慮ができていなければ血行不良によりEDになることも可能性は高いです。さらに健康に配慮できていて勃起をするために体は健康で、いつでも勃起を実現できる状態でも、精神的なトラウマや、ストレス、異常な緊張により勃起をすることができないこともあります。このように性行為に関わらず、性的興奮がある状態で勃起力がない、勃起ができない場合はEDと認識して早めに原因を追求して治療に努めることをお勧めします。

新婚ED

男性にあきれる女性EDと診断される範囲はとても広いなかで、新婚EDと診断されることもあります。ED自体が中高年におきやすいと認識している人が多い中で、新婚EDは若年層の男性によくみられる症状です。結婚をしてすぐにEDになった場合は新婚EDと言われ、この症状は夫婦関係の悪化や子供ができない原因になります。 この症状はいろいろな心理的要因があり、妻の浮気、妻からの圧力、仕事の圧力、抑うつ状態など様々な原因から引き起こります。妻との性行為を試す回数を増やすことで症状は改善の傾向になるのですが、勃起ができないことで、男性の自信がなくなり勃起しなかったらどうしよう?嫌われたりしないか不安などのネガティブな考えから精神的に崩れていきます。精神的に崩れた状態で性行為を試みても結果的に満足な性行為ができなくなります。そうすることで夫婦間の溝ができ始め、妻のほうからも性行為に対しての協力もなくなりセックスレスになり、子供ができない、浮気に走るなどの傾向になります。男性に性欲があるように女性にももちろん性欲はあります。この性欲を夫で満たせなくなるとストレスのはけ口を家庭にもってきて夫に対してのあたりが強かったり、ほかの男性との交流を取るようになったりとどちらにせよ改善しないことにはよくなる傾向があまりないです。 自分はそうではないという過信がEDの治療を遅らせ、EDに悩まされる時間だけが増えていきます。常に自分もかもしれない?と思うことで何事も早めの解決、予防の道を進めます。

セルフチェック

ここでは簡単なEDの診断をすることで早めに治療、予防を考えています。下記の項目のアンケートを試してみてください。ここ6ヶ月で当てはまる項目を選択し、項目の数字を足していってください。

1勃起をして維持する自信はどの程度ありますか?

2性的刺激によって勃起した際、どれくらいの頻度で挿入可能な方になりましたか?

3性行為の際、挿入後にどれくらいの頻度で勃起を維持できましたか?

4性行の際、性交終了まで勃起を維持することはできたか?

5性交を試みたとき、どれぐらいの頻度で性交に満足できましたか?

採点結果

ED体験談

EDになった人の体験談を知ることで、EDがどれほど男性にとって大きな悩みになるのか知ることが重要です。そうすることでEDに対する考えが変わると思います。日本の成人男性4人に1人がEDの悩みを抱えており、日本のみならず世界中でもたくさん男性が悩みを持っています。世界中にED治療薬はあり、バイアグラと聞いて知らない人のほうが少ないぐらいに認知度があります。世界中の男性の悩みのEDを人事だと思って治療に遅れると後返しのつかないケースもあります。これほどEDの認知度があるということは、それに比例して悩みを抱えている人がいるということになります。職場の環境や生活習慣が大きく関係していることや、EDになって様々な変化が起こることが体験談でわかります。まずはEDの生の体験談を聞いてEDをもっと深く知ることが予防や、改善に繋がります。様々な人からアンケートを取った中の一部を紹介します。

ED体験談1 年齢42歳・男性

EDと認識してかれこれ3年は経ちます。最初は仕事の疲れや歳から性欲が落ちたんだな。と思っていました。久しぶりに妻と二人で過ごす時間があり、二人でいいムードになり食事を終えて家に帰宅後さっそくセックスをしようとはりっきて寝室に行きました。久しぶりのセックスだったので少し不安はありました。いざセックスをするとなったときに、興奮はしているのに全然勃起しなくて、最初は緊張してるからと思い勃起するまでは二人で横になっていました。結局その日は勃起することができずに、セックスもすることができませんでした。後日セックスを試みたのですが、そのときも駄目で妻と相談した結果歳も歳なので病院に行っても薬貰うぐらいだろうなと思い、病院に行かず通販でED治療薬を購入しました。ED治療薬を使ってからは正常に勃起するようになったのですが、最初妻は勃起しない私にショックを受けていたみたいでした。妻にとっても申し訳ないなと反省しています。まさか自分がなるわけがないと思ってすごしていたので、EDになって結構ショックを私自身も受けています。妻との関係が崩れるまで悪化していなかったのでよかったのですが、強がって治療薬に頼ってなかったら、かなり妻を傷つけていたんだろうなと思うと早めに対処してよかったと思っています。

体験談2 年齢38歳・男性

結婚して半年たったときに単身赴任が決まり、家も購入していたため一人でアパートを借りることになりました。距離もかなり離れてしまい妻と離れることにすごく抵抗があったのですが、休日を使ってお互いが行ったり、来たりを繰り返しながら何とか妻と仲良くやっていました。仕事が繁忙期になり残業が多くなり、休日出勤も増えたため、1ヶ月ほど妻と会うことができない時期がありました。繁忙期が過ぎても疲労が溜まっており、ストレスも溜めてしまっていたため妻と会ってもずっと家で休んでいることが続きました。繁忙期の前は会うたびに妻とセックスをしていたのですが、妻も気を使い休ませてくれました。妻と遠距離になり、仕事でのストレスからか疲労が取れない日々が続き、妻と久しぶりに会った際にセックスをしようと思いはりっきて家に帰った際に全然勃起せず、挙句の果てにはセックスができなかったです。興奮はしていて今すぐにでもセックスをしたいという気持ちでも勃起ができなく、妻がすごく疑っているように感じました。その後妻と何回かセックスをしようとしたのですが勃起することが出来ませんでした。
ネットで調べたところストレスによるEDだと発覚しました。通販でED治療薬を買うのは抵抗がありできなく、病院には休日を削ってまでいきたくないと思い、そのままにしていました。妻と週1で会っていたのですが、セックスをしなくなって半年たっていました。調度半年過ぎたあたりに妻から連絡がありました。浮気を疑っていた様子で、EDだとその時打ち明けました。妻も驚いており、私が勃起しないことに浮気の疑いと、魅力を感じなくなっているのかな?という不安があったようで内心かなり傷ついていた様子でした。しっかり話し合い、EDについてお互いで理解し、治療に励みました。病院へ行きED治療薬を処方してもらいセックスが出来るようになりました。それからは妻との関係は以前のように戻ることが出来ました。もう少し対応が遅れていたら最悪なことになっていたのではと思うとぞっとします。

勃起不全の原因と治療法

EDと言われる勃起障害は症状の重さや原因には人それぞれで差などありますが、成人男性の4人に1人が勃起障害で頭を悩ませているというデータがあります。

勃起障害といわれる人のうち、およそ8割を超える人が精神面に負荷がかかることが原因で起こる心因性タイプで、残りは2割は外傷や身体の疾患が原因となって起こる器質性タイプになります。

器質性の勃起不全

器質性タイプついては加齢現象なども含まれますが、これは病気や外傷が治れば自然と勃起力も向上してくる見通しがあります。
そうした自然治癒もできますが、様々な方法を用いて回復を早める対策もあり、適切な運動や食事が有効とされています。

有酸素運動などで無理なく運動をして血行の促進をすることで良い結果を得られます。
また食事においてもニンニクやすっぽんを始め鰻や牡蠣、豆乳などを工夫して食事に取り入れることでも治癒能力を高めます。ただし加齢減少については運動や食事では改善する可能性が低いです。

他にも器質性タイプにおいては鍼灸師の針治療を経て改善を計る人もいて、針で陰茎付近に効くツボを刺激し、ペニスが起つよう促す効果が期待できます。

心因性の勃起不全

そして男性の8割近い人の原因となっている心因性タイプは、運動や食事という点においては多少の効果はりますが、針治療などはほとんど効果がありません。

心因性の場合はメンタルの浮き沈みや精神的な負荷が大きく影響していて、今のストレス社会と言われている日本が心因性タイプの原因の根源と言っても間違いではありません。

心因性の場合は仕事や私生活などにおけるストレスを根本的に解消する必要があります。
バランスのとれた食事や十分な睡眠を心がけるとともに適度に運動を取り入れることででストレスの発散をするのがとても重要です。

健康に留意した生活を心がけること、精神的にかかる負荷を軽減していくこと、この二つを念頭において生活をしていくことで勃起障害の改善はもちろん健康に留意する形になります。

治療について

根本的に治療をするとなると毎日の生活が変えていく必要があるのでとても大変ではありますが、続けていく事で効果は表れます。
そんな中どうしても勃起作用を必要とする場面がある場合は、現代ではバイアグラという治療薬による治療法も存在しています。

行為の1時間程度前に服用することで勃起作用を起こすことも可能で、問題なく膣内において射精することができます。
ただし服用するのは医薬品なので個人差や副作用もあり、一度の服用では効果が切れれば勃起障害のままで根本的な解決にはならないので注意が必要です。

早期発見、焦らずのんびり長期治療、これがとても大切です。

毎日でなくても、2日に一錠、3日の一錠と自分なりに決めて服用を続けて、性行為をする予定がなくてもマスターベーションをするようにしたりしてなるべくペニスの血液を送り込むような努力を続けることでED治療へと繋がります。
勃起障害となり、自信を失い女性に対して積極的になれないでいる男性がいたら、ED治療薬のバイアグラやそのジェネリック医薬品はとてもおすすめです。

精力ある若かりし頃の元気な自分を復活させ、男性としての魅力を取ろ戻して輝ける未来を見据えていきましょう。