バイアグラは効果が強い分、副作用も強く使用禁忌薬もあります。飲み合わせの悪いお薬を服用してないか事前に確認しましょう。

夢の治療薬バイアグラ 副作用と禁忌薬

夢の勃起障害治療薬と言われるバイアグラですが、決してメリットだけではなく、副作用による症状や飲み合わせが悪いといわれる併用禁忌薬があるなどデメリットもあるので事前に確認しておくことを怠ってはいけません。

特に併用禁忌薬は体に悪影響を及ぼし最悪の場合は死に至るケースも事例もあります。


もちろんこれは禁忌薬の中でも特に飲み合わせも悪いとされるお薬を服用していたという悪い偶然が重なった結果論ではあります。

しかしインターネットが普及し海外通販などで医薬品が手軽に入手ができる現代においては、自己責任・自己管理なのでこういった最悪の偶然などが起きないよう、十分に注意する事がとても大切です。

副作用

バイアグラに含まれる有効成分シルデナフィルはとても効果が強く、個人差はあったとしても勃起障害に対して、用量や服用方法を守って服用している分にはとても有効的なお薬といえます。ですが効果が強いということはその分強い副作用が出る場合があります。

副作用の主な症状としては、頭痛やめまい、眼の充血や鼻づまり、倦怠感、動悸などが上げられます。
副作用があまりにも強すぎて性行為どころではないくらい酷い場合は、専用のカッターで錠剤を割ったりして有効成分の用量を減らしたり、服用を中止する必要があります。

併用禁忌薬

併用禁忌薬についてはバイアグラに含まれるシルデナフィルと相性の悪い成分を含んでいるお薬を差します。
相性の悪いお薬は絶対に併用して服用してはいけないので、必ず服用前に確認、把握をするようにしてください。

主な禁忌薬の成分としてはアミオダロン塩酸塩などの塩酸アミオダロン系の製剤や、アデムパスと言われる慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬、硝酸系の薬剤が上げられます。
この中で特に注意が必要なのが“硝酸系の薬剤”で、飲み合わせの悪いとされる成分が含まれている製品が多く存在します。

過去に運悪く死に至ったケースの中で、硝酸系による死亡が一番多く、主な硝酸系の成分としてはニトログリセリン系、ニプラジロール系、硝酸イソソルビド系などで、製品としては40種類以上もあり、気づかずに服用してしまった場合がほとんどです。

バイアグラおすすめ海外通販サイト

これだけの禁忌薬が存在し、また副作用などデメリットも存在するバイアグラですが、世界各国から人気を得ている事に間違いはありません。

それだけの支持を得るということは勃起障害の治療という点においてはとても効果的だと認められている証拠なので、服用をするのであれば有意義に効果を得られるように用量や服用方法は絶対に守るようにしましょう。

服用する際には自分が禁忌薬の対象となるお薬を服用していないかどうかなど事前に確認をしておくことが大切です。